個を活かす人材マネジメントのためのHRデータ活用

~ 第2回:HRTech/WorkTechとHRデータ活用 ~



国際標準化機構(ISO)は2019年1月15日、初の人材マネジメント規格 ISO30414(人的資源マネジメント)をリリース。

すでに米国や欧州では、投資家を中心に企業に対して「人的資本」の情報開示を求める動きが進んでいます。
人的資本とは、いわゆる経営資源の「ヒト・モノ・カネ」の「ヒト」に関する内容です。
特に米国では、SEC(米国証券取引委員会)がHRレポートに関心を示し、上場企業への義務化がほぼ確定的となるなか、今後、世界的な潮流となり、早晩、日本企業にも対応が求められるでしょう。
では、なぜこのような動きが進んでいるのか、その経緯と概要とともに、人的資本の情報開示に関する欧米の動きと企業の対応などを3回シリーズでご紹介します。


セミナータイトル 個を活かす人材マネジメントのためのHRデータ活用
~ 第2回:HRTech/WorkTechとHRデータ活用 ~

 ・HRTech/WorkTechの変遷と最新動向
 ・HRデータ活用の主な事例
 ・HRデータ活用のために整備すべき体制

  講師:慶應義塾大学大学院 経営管理研究科 特任教授
           岩本 隆 氏
日時 10月28日(水)13:30~16:00
セミナー形式 Webセミナー ※ツールはZoomを利用する予定です
参加費 無料(事前登録制)
開催URL お申込みされたお客様にメールにてご案内いたします
申込締切 10月27日(火)12:00
問い合わせ先 株式会社ラキール セミナー事務局
MAIL:marketing@lakeel.com
注意事項 ※ライブ配信を視聴できるのは、事前にご登録いただいた方のみとなります。
※ライブ配信内容の録画、録音、撮影についてはご遠慮ください。
※当セミナーはライブ配信のみとなります。イベント終了後、アーカイブの公開はございません。
※同業他社様のご参加はお断りさせて頂く場合がございます。予めご了承下さい。
※内容・プログラムは都合により変更させて頂く場合がございます。

ハイフンが入る形式でご記入ください